RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

丹波篠山 むつみ農園  

http://mutsuminouen.com
農園作業と園主のブログ
山の芋の状況
0

     芽がたくさん出てきました。毎日、蔓直しに追われています。不用意にしていると、たまに蔓が折れてしまうこともありがっくりします。

    メデルシートからも芽はよく出てきますが、シートをしないほうが確実に出芽してきました。

    「山の芋は手間がかかるからやめとけ」という忠告をよく聞かされます。昨年少しだけ栽培しましたが、今年の面積は10アール、すこしだけ本格的です。

    簡単にできるのなら誰でも栽培します。わたしの挑戦は続きます。

    | - | 23:23 | comments(0) | - | - |
    丹波黒豆の状況
    0

      6月中旬から3日に分けて種をまき、本日苗の定植を終えました。30アール弱です。25日ころは雨が降らなかったため水分の補給に苦労しましたが、月後半からはよく降ったので元気にしています。ひと段落しましたが、またこれからが大変です。

      昨年は2度の台風の襲来で丹波篠山は全体に不作でした。今年は被害がないように祈ります。

      美味しい黒豆に育てますから、お楽しみにお待ちくださ〜い

      | - | 22:55 | comments(0) | - | - |
      丹波茶 乗用茶刈機への整枝作業
      0

        手刈り茶刈り機(エンジン付)で茶刈する場合、最低2人、できれば3人いないとお茶が刈れません。今後、我が地域は一人で刈り取れる乗用になっていくのは必然です。当園でも少しづつ乗用刈り取り機に移行したく、今日乗用茶刈り機にするための整枝作業を行いました。

        約10アール、半日あればできると勝手に思っていたのですが、

        なんの、なんの 一日半もかかってしまいました。ただただ疲れました( ^ω^)・・・

        | - | 21:58 | comments(0) | - | - |
        丹波の山の芋 メデルシートを敷く
        0

           今年から本格的に山の芋を栽培するつもりです。今日少し遅くなりましたが、畦間には除草シートを、畦にはメデルシートを敷きました。藁がたくさんあればどちらにも敷けばよいのですが、取り置きがほとんどないのでこうなりました。このシートの隙間からうまく芽が出てくれるのでしょうか、初めてなので不安です。

          この取り付けに4日ほどかかりました、栽培されている方から耳学問をしながらですが、初めての時は試行錯誤しながらなので大変です(汗)。藁がなければ堆肥を置くなど要するに雑草を抑えられればなんでもいいのでしょうが、1筋だけオリジナルの工夫をするためにシートをせずに残しています(右端)。

          | - | 21:33 | comments(0) | - | - |
          小学生の茶摘み体験
          0

            毎年恒例になった地元小学3年生の児童による茶摘み体験と工場見学があり108人が来られました。

            まず近くの茶園で茶葉を摘み取りましたが、茶園に到着するなり「お茶のいい匂いがする」という児童・先生が多く、この風景に慣れてしまった我が身にはそうだったのかと教えられました。そして大きな声で歌を歌いながら茶を摘む子、茶の実を探して採る子、溝に足を突っ込みすりむき傷を負う子などなど、いつものことながら校外学習はたいへん賑やかで学校の先生の大変さが改めてわかるような気がしました。工場では製茶工程の説明や、お茶栽培のクイズがあったり、最後は製茶をひとり紙コップ一杯ずつ自由にすくって持って帰られました。

             

            当小学校では今年から当地のほうじ茶を使い、校内いつでもほうじ茶が飲めるようになる計画であると校長先生から説明がありました。この行事を通して地元のことを知り、そしてお茶のことを少しでも覚えてくれていたら嬉しいです。

            | - | 11:38 | comments(0) | - | - |
            丹波篠山茶 4月の状況
            0

              今年は4月初旬に雪が降るなど、暖冬から一転、春先になってから冷え込む日がよくあり、お茶の新芽の出が例年よりも遅れ気味です。八十八夜は5月2日ですが、例年の丹波茶の初摘みはそれよりもやや遅くて、さらに今年の新茶は5月中頃に遅れるかもしれません。

              今のところ、我が家で一番よく出ている茶園です、鮮やな新緑の色になってきました。

              | - | 21:04 | comments(0) | - | - |
              栗の剪定と弱小枝
              0

                側枝にある5〜10僂亮緇枝は、以前は剪定の際に先端がとがったり丸まって明確に芽が確認できない弱小枝は枯れ枝と判断し取り払っていた。が、近年は葉から樹に栄養分を補給するため残すようにとの指導である。

                春になりその状況を観察した。結果母枝に近いところにある弱小枝は枯れ枝であることが多いが、当然すべてがそうではない。肉眼で枯れていると判断しても、その弱小枝の下部から芽(葉)が出る場合が多々ある。結果母枝より遠い位置の弱小枝の多くからは芽が出る。という結果であった。残しすぎる弊害はないのかどうか、肉眼で生きていると思われる弱小枝数本を残せばいいんじゃないのかなぁ、と思う。

                | - | 18:39 | comments(0) | - | - |
                丹波栗の接ぎ木をしました
                0

                   桜が散るこの時期が接ぎ木に適していると言われます。今日晩生の樹に中生の穂を接ぎ木しました。

                  晩生が4本ほどあり、時期的に丹波栗として出荷できず、主に我が家の食料になっています。この樹2本に筑波種を接ぎ木してみました。1本は徒長枝を、1本は結果母枝をそれぞれ数本接ぎました。うまくつけばいいのですが。

                  | - | 22:02 | comments(0) | - | - |
                  茶うどん(丹波篠山茶と讃岐うどんのコラボ)
                  0

                    JA丹波ささやまを通して香川県の大手製麺会社と私たちが生産する煎茶のお茶パウダーを使いお茶うどんを開発しました。今日試食会があり、JAの幹部職員や担当者、生産組合からは組合長はじめ男女5名が参加しました。私も生産部門の理事として参加させていただきました。太い生めんを想像していましたが、保存期間の関係から細うどんの乾麺でした。煎茶の香りがしてきれいな緑色をしていました。でも湯がくと香りはなくなっていましたが、そこは讃岐うどん、こしがしっかりしていて歯ごたえがあってとても美味しかったです。今後製品化される予定で、1箱に2食分が入り500円と聞いています。お茶は健康にもよいのでぜひ篠山に来られた時はお土産に買って帰ってください。私たちが丹精込めて作ったお茶が入っています。発売時期はまだ未定です。

                     

                    | - | 21:23 | comments(0) | - | - |
                    丹波篠山産「山の芋」 種芋を植えました
                    0

                      昨年収穫した種芋は土の中で保管し春先に掘り出しました。桜が咲く季節に1個50gくらいに切断し種芋として植栽しました。切断するのも手間がかかりますし、植栽も予想以上に手間がかかりました。10アールで5000個くらいでしょうかね(数えてはいませんが)植えます。手作業ですから二人で丸6日間以上かかりました。足も痛い腰も痛い、かなり堪えてしまいました。手間がかかるのは覚悟していましたが予想以上です。今、篠山市での山の芋栽培面積が減っており、市としても補助を出したりと栽培面積を増やそうとされていますが、今後の労力も考えれば高齢化の中で減っていくのもうなずけます。

                      昨年作った山の芋のうち、種芋になれなかった形の良くない芋が我が家の食料となって今もまだあります。買えばかなり高額ですが、私たちはいつも食べてます。滋養があって美味しいので・・・、収穫の喜びのためにがんばります!

                      | - | 23:22 | comments(0) | - | - |