RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

丹波篠山 むつみ農園  

http://mutsuminouen.com
農園作業と園主のブログ
<< 丹波の寒茶作り(小学生による) | main | 剪定チップ(粉砕チップ) >>
丹波栗の剪定と古墳
0

    今年の一月は温暖で栗の樹の剪定がはかどりました。例年なら雪で出来ない日がありますが今年はゼロ。毎日行ったわけではありませんが2月1日に終了しました。

    樹間が狭くなり思い切って間伐と縮伐を何本も行いました。栗が良く成る樹を伐採するのは心が痛みますが仕方ありません。樹高もすべて地上からハサミが届くまで切り下げました。今年は少し減収かな?心配ですが、そうならないように努めていく気でいます。

     

    上の画像は栗園の近くにある諏訪山古墳の入り口です。小学生低学年のころ古墳とは知らないで友達と恐る恐る近づいてのぞきこんだものです。当時「ある人がこの中へ入ったら、中に輝くきれいな石のようなものがあって家に持って帰ったが、それ以来体調が悪くなって返しに戻った」という話を大人から聞いたこともありました。また、「防空壕や」と聞いたこともありました。こんな田舎に米軍機が来たのかと半信半疑でした。いい加減なことをいうひともあるものです。保存も何もしてありません。入り口には大きな竹が生えていました、失礼な竹です。1500年以上も昔の人がこの石垣を積み上げたのかとみていると、1500年は長いようでついこの間のことのような、そんな気がしてきました。

    | - | 19:58 | comments(0) | - | - |