RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

丹波篠山 むつみ農園  

http://mutsuminouen.com
農園作業と園主のブログ
<< 丹波山の芋スクール | main | 「丹波篠山市」へ市名変更について >>
栗 接ぎ木研修
0

    今日はJA丹波ささやまと丹波農業改良普及センター主催の「栗接ぎ木臨地研修」がありました。

    台木は地上30センチ以上の部位で接ぎ木をする高接ぎです。これは高接ぎの方が凍害に強いためです。

    穂木は2月初旬の剪定時に採った結果母枝を、乾燥しないようにしてビニール袋に入れて冷蔵庫で今日まで保管しておきます。穂木の採取時期はとても重要で真冬です。接ぎ木をするときに2芽くらいが残る長さに切断します。

    接いだ後は接ぎ木テープなどでしっかり固定し、雨が降っても雨が接いだ部分にしみこまないように癒合剤などで覆っておきます。

     

    径4センチメートルくらいの台木を用意していたのでさっそく試してみました。接ぎ木テープの代わりに、水道管に巻く白いテープと黄色ビニールテープを使い、癒合材の代わりに木工ボンドを使いました(画像)、さあ芽が出るでしょうか、失敗しても6月初旬まで再挑戦ができるそうです。

    | - | 21:24 | comments(0) | - | - |