RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

丹波篠山 むつみ農園  

http://mutsuminouen.com
農園作業と園主のブログ
<< 「丹波篠山市」へ市名変更について | main | 丹波栗 クスサンによる食害 >>
栗の樹幹害虫被害と対策について
0

    樹幹害虫被害があれば樹勢が弱くなるのが分かります。特に凍害を受けた樹は抵抗力が落ちるのか被害を受けやすいように思います。特にキクイムシ被害が大きい。EM活性液とセラミック粉末の混合液を樹幹に塗布すれば生育が促進する記事を読んだので、さっそく試してみました。被害の大きい3年~5年樹7本に塗布してみました。糖蜜を含むためアリが寄ってこないか不安ですが、3日たった今日は変化はありません。さてこの効果は1年後ですね(笑)(画像は凍害のあとキクイムシ等で最も被害が甚大な樹、白くなっているのが塗布したもの)

    キクイムシ被害にあわないように、網戸の網で樹幹を軽く巻きました。これは実地研修会で研修生のどなたが言っていたのを思い出し、自分なりに試してみました。3年〜5年樹すべてに施行しました。70本くらいあるから大変でしたが、効果があれば来年もやります。網は少しでも光が入るように白っぽい網を購入しました。網が地面に密着するわけでもないので効果としてどうなのかと思いますが、もし効果があればみんなに栗学会(そんな学会聞いたことない)で発表したいですね。(画像は16年春植樹=3年樹)

    | - | 21:24 | comments(0) | - | - |