RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

丹波篠山 むつみ農園  

http://mutsuminouen.com
農園作業と園主のブログ
緑茶の飲用と花粉症
0

    以下は私の勝手な想像ですので、そのつもりで読んでください。

    花粉症に人に聞くと、特に今年は花粉の飛散がひどいと言われます。昨日も自治会内である会合がありましたが、マスクをして花粉で苦しそうにしているのは非農家の方かお茶非生産者の方で、お茶生産農家の人で花粉症の方をあまり見かけません。この傾向はいろんな会合に行くたびに思います。生産農家だから緑茶をよく飲み、非農家だからあまり飲んでいないと考えるのは短絡的ですが、我が家は緑茶をよく飲みます。水代わりにというよりだいたい生水を飲みません。そしてアレルギー体質であるにもかかわらず花粉症はいません。が、子供たちが離れて暮らすようになったとたんに花粉症になっています。

    こちらでも風が吹いたときに山をふと見れば気持ち悪くなるくらい花粉が舞っています。誰か調べてくれませんかね、花粉症と緑茶の効用を。

    | - | 23:16 | comments(0) | - | - |
    丹波茶の春整枝 乗用デビューしました
    0

      茶園の春整枝をしました。新茶刈取りに備えて、古い茶葉が混じらないように、いまの時期に茶園を整枝しておきます。

      乗用刈り取り機を初めて体験しました。生産組合には2台ありますが、今回のは旧型でキャタビラー幅を手動で変えるものです。園の筋ごとの取り回りに苦労しました。場所に余裕があればいいのですが、大概は機械長と変わらず、しかもキャタビラーとあって自分が思うように方向転換が難しくて、一日運転して肩が凝ってしまいました。夜寝る際も目をつむればそんな風景が勝手に出てくるのです。眠ってしまえば夢にまで見ることはありませんでしたが。

      | - | 22:49 | comments(0) | - | - |
      剪定枝を粉砕
      0

         栗樹の剪定枝を粉砕しました。共立製KC40で行いました。実際、径50mmくらいまでなら粉砕できます。さすが日本製で半日ぶっ続けで粉砕してもびくともしません。チップは10个らいの大きさです。自力走行しないので軽トラに括り付けて移動します。

        粉砕チップは栗園にばらまいておけば草マルチになって良いという考えもありますが、私はチップをまとめておき、鶏糞を混ぜ水を加えてビニールシートをかぶせ2〜3年かけて堆肥化したのち園にばらまきます。

        画像の量を作るのに3時間くらいかかっています。

        (注意)クリタマバチ感染の多い枝は5月末ごろまで処理せず園内においた方がいいですよ。

        | - | 20:36 | comments(0) | - | - |
        寒茶、作りました
        0

           むつみ農園の寒茶を作りました。茶葉を刈り取り、蒸篭で蒸して、機械で揉んで(画像)、天日で乾燥中です。色も味も香りも独特です、我が家は一年中このお茶を飲んでいます!

          この機械、柔ねん器といい、昭和43年製です。自工場で製茶をしていたころのもので、寒茶など簡単なお茶を作るときのために処分せずにおいています。窯の中に蒸したお茶を30Kgくらい入れて、上から重しをかけて水平回転することで茶葉を揉みます。そして乾燥させます(次画像)。

          本来は蓆(むしろ)の上に広げて乾燥させるのが寒茶ですが、我が家はこのコンテナ(下から風が通る)を使い、こうして屋外で数日かけて乾燥させています。

           

          | - | 22:53 | comments(0) | - | - |
          栗の剪定が終わりました
          0

             2月7日、自園の剪定がすべて終了しました。ちょうど1か月かかりましたが、実働日数は半分ないほど、天気が悪かったり、公私用事があったり、研修だったり。でも毎日すれば首と腕が痛くてできなくなるだろうから、このペースが適しているのかもしれません。

            一昨年、昨年と同じ樹の画像で、今年7年目の銀寄、芯抜きをしました。切った枝は粉砕して堆肥化します。

            | - | 22:20 | comments(0) | - | - |
            山繭(やままゆ)
            0

               今日、栗の剪定中にこのようなものを見つけました。少し珍しいのでアップします。

              肉眼ではきれいな黄緑色のまゆです。ヤママユといい黄緑色の良質の絹が採れるそうです。この繭は屋内では飼育できないため、栗の木に網の覆いをして栗を採らずに繭を採っているところがあると聞いたことがあります。たしか岐阜県? 

              高級な繭というか絹になるらしいです。ひょっとして栗より儲かる?! 今日ふたつ見つけました。今年見るのは3個目です。ヤママユは環境が良くないといないとか、さすが丹波篠山…ですね(笑)

              | - | 21:08 | comments(0) | - | - |
              干し柿「愛宕」2018
              0

                 一昨年、干し柿「愛宕」について書きましたが、昨年は書くのを忘れていましたので状況を記します。

                昨年も、さらに樹が大きくなり実もたわわになっていました。枝が実の重さで垂れてました。ところが8月末の台風20号の暴風で、たくさん実っていた樹が折れてしまい、わずか10個ほどしか収穫ができませんでした。10個は昨年同様、とても大型で12月初旬にいい色になっていたので収穫し、昨年同様に干し柿にしました。皮をむいて焼酎を吹きかけ外に干しました。3週間ほどでよい干し柿色になってきたので、一度手で軽くもみもみして、お正月に食べてみたところ 「めっちゃ美味でしたぁ!!」

                一昨年は樹が幼く実も不完全のためなかなか甘くならなかったのだと思います。昨年は普通に干し柿になりました。今年は樹を十分成熟させながら、大きさに応じた結果数を成らすようにします。いまから今年の実がとても楽しみな柿です。「愛宕」お奨めします!お正月にとっても美味しい干し柿が食べられますよ‼

                | - | 22:35 | comments(0) | - | - |
                寒茶づくり
                0

                   冬の寒冷にさらした茶葉で作ったお茶を寒茶と言い、私たちの地方では寒茶を飲めば中風にならないといわれます。

                  いま茶葉の色は畑で霜や雪で凍て黄緑色になっており、この茶葉を昨日100Kg程度刈取りを行いました。今日は地元の小学3年生の児童73名が当方の生産組合に来られ、寒茶づくりを体験されました。

                  寒茶はまず蒸してから、蓆(むしろ)の上で小学生が手で揉みます。十分揉めたら後は10日ほどかけて寒風にさらして乾燥させると出来上がりです。

                  寒茶づくり体験

                  児童たちは作ったお茶(乾燥する前の)をさっそく飲んでいました。私も飲みましたがなかなか独特の香りと味がして美味しかったです。後で学校まで届けてあげます。

                  寒茶づくり体験

                  | - | 19:16 | comments(0) | - | - |
                  栗の剪定をしています
                  0

                    1月になってからは栗樹の剪定を行っています。今日でやっと半分終わったところです。

                    クリ栽培にとって冬季の剪定は一年を通して最も大事な作業です。まず樹高の制限を行い3.5メートルを超える枝はすべて枝元から躊躇せずに切り落とします。樹高が高くなり脚立に乗っての剪定は危険で命を落とすことにもなりかねません、また高くなれば管理も難しくなります。次に隣の樹との間隔が十分空くようにどちらかの枝を切りつめます。次いで残す枝から見てその枝に影を作ったり、風通しを悪くするような枝を取り除いていきます、最後に結果母枝の数を調整しながら枯枝を取り除いていきます。こう書けば簡単ですが15年以上の樹になれば一日数本しかできません。

                    栗の剪定

                    今日は篠山市栗部会の役員の方達が我が園を見学に来られました。例年受賞している背景には何か特別な工夫があるのではないか・・・ということで、・・・すべてお話ししました。なにかあったでしょうかね?

                    お茶らけぽーず

                    上はおちゃらけ写真↑

                    ポーズをとっているだけ

                    上はカメラ目線、ポーズだけ↑

                    | - | 21:02 | comments(0) | - | - |
                    栗の害虫予防に効果あり
                    0

                       栗の幼木の地表から15センチくらいにかけて、幹に虫による食害がみられるものが半分弱ほどあった。幹に食害があればやはり樹に元気というか勢いがない。試しに昨年春、幹の周りに網戸の網を軽く巻いたところ、有意に食害がみられなかったため、今年はすべての幼木に網を巻くことにした(画像)。

                      画像は2017年春に植えた「銀寄」である。今日から、冬期剪定を開始しました。

                      | - | 20:14 | comments(0) | - | - |